上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬剤師となるために6年生薬学部に入学するという愚行から早5年の月日が経った。

 最近、兄が急性アルコール中毒で死んで、その後始末が大変だったことをふと思い出した。

 母が蝉しぐれを観ていて休に泣き出しことに起因する。

 主人公の牧文四郎が政変に巻き込まれて切腹した父の亡骸を引き取り、荷台に乗せ、村まで連れ運ぶシーンと死んだ兄を一人で引き取りにいった私の姿が重なったようだ。

 兄のことで泣く母を見たのは葬儀後初めてのことだったから私は随分と驚いた。

 ・・・

 大学生活は多忙を極めた。
 
 今にして思えば週末アルバイトをするくらいなら出来たと言えるが、心に余裕が無かった。

 また世間体を気にしていた。

 周りの友人やその周辺の近況を聞く度に自分の選択は誤ったものだったのだという思いに駆られた。

 もうすぐ30歳にもなるというのに、6年間大学に行くなどどいうことは秘密にしておきたかった。

 大学での成績はそれなりに良かった。

 数学や物理化学など、留年が確定してしまいそうな科目はいくつもあった。

 しかし、運良く自分と近い年齢の人が同じ学年にいたことで、勉強面は勿論のこと色々なことで協力し合った。

 所謂「運命共同体」という関係だと思った。

 友人とはまた違ったニュアンスの付き合い方をしているのだ。


 軽音部に入部し、年下の友人が出来た。

 大抵の男子はかっこよく見え、大抵の女子は可愛く見えた。

 新歓コンパに顔を出したときは自分が歳を取ったことを自覚し、場違いな空気を感じざるを得なかった。

 それはただの被害妄想的な感覚なのかも知れないが、若者しかいない空間に入っていくことは恐怖だった。

 今でもその感覚は拭い去ることは出来ず、教室に入るとき、同級生とすれ違うときは未だに緊張感がある。

 ・・・

 大学入学当時は音楽の仕事を知り合いからもらっていた。

 作曲や音声編集、コンバートの仕事がメインだった。

 今では知り合いが転職してしまったため、あまり仕事はなくなってしまった。

 しかし、今作曲の仕事が来たとしても作曲の勘もソフトウェアの使い方も鈍っていることは明白だった。

 Cubaseの曲の書き出し方すら忘れていた。

 また、パソコンも幾度と無く調子を悪くし、その度に音楽を製作する環境に戻すことが手間になった。

 忙しいことを言い訳にしてギターも弾かなくなった。

 音楽を聴くことにも執着が無くなった。

 新しい音楽、アーティストを発掘するのは好きだったが、ここ数年は全く行っていない。

 趣味という趣味が欠落し、休日にぽっと空いた時間が出来ても何もすることを思いつくことが出来なかった。
 
 パチンコ屋に赴き無駄な金と共にその空虚な時間を消費した。

 ・・・

 薬学部を無事に卒業したらまた作曲やバンド活動をやりたいと思ったら何だかブログを書きたくなりました。

 再びこの場を使って活動して行こうと思います。

 また、折角薬学部に入って色々なことを学びましたので、薬に纏わることを書いていくのも良いかなと思っています。

 それではまた。 

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。