上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中に蓄えられた静止した電荷は時として人を襲う。
それは私の意志で抑制することが不可能なので人々に不安と恐怖を与えてしまう。
その力は冬場に増大し、さらに着ているコートやジャケットの材質によって増幅する。

・・・

私の力は主に摩擦帯電によって蓄積された電荷を、その指先で人や物に触れることによって生じさせる放電現象、所謂「火花放電」である。
異なった帯電列や極性など、諸々の条件の変化により放電が爆発的に強力になってしまうこともある。

・・・

2011年3月30日 20:00

最初の被害者はG県I勢崎市のとあるスーパーのとあるレジのとある50代くらいの女性である。
目元のしわと軽くウェーブのかかった髪が印象的だ。仕事も速く性格だ。そしてなにより笑顔を絶やさない。
そんな彼女の笑顔を私は一瞬にして奪ってしまった。容易く。つり銭を受け取る行為のみで。

2011年3月30日 20:40

2人目の被害者はとあるスーパーの近くにあるとあるドンキホーテのとあるレジの20代後半と思しき女性である。
スーパーにコカコーラゼロが売っていなかったことに憤慨した私の指先は、春の雷鳴の如く彼女に火花を散らせた。いや、ドンキホーテにはコーラは沢山売っていたのだが。

・・・

容疑者はここでコカコーラを5本と凛という安いウィスキー1本とプリングルスとポテトニョッキとパスタとカップラーメンを買っている。チキンラーメンお好み焼きに大変興味を示していたが、買わなかったようだ。そして初心者マークのことについては常に失念しているようだ。

2011年3月30日 21:10

3人目の被害者はM橋市のとあるスーパーのとあるレジの40代後半であろう女性である・・・女性であって欲しい・・・である。やはり笑顔は絶やさない。
挽肉とビールを買い忘れた容疑者は、豚の挽肉ととても安い発泡酒をカゴに入れた後に、財布を車の中に置いてきたことに気がついた。愉快なサザエさん。

ここでも一般市民に放電してしまった容疑者は流石に困惑した様子だった。
天気は雨だった。その力は湿度に対しては弱く、頻発するはずが無いと思っていたからだ。
そのとき、空に稲光が走った。

「そうか・・・その所為だったのか」と容疑者は呟き、そして左手を見つめた。

・・・

私は帰り際にセブンイレブンに寄ってさらに被害者を増やした。
そして、家に着いてすぐにキャベツを茹で、挽肉と葱とピーマンを炒めた。キャベツを皿に敷き、その上に炒めたものを乗せ、トマトを切ってバランスよく周りに置いた。昆布だしを使って簡単な吸い物も作った。

・・・

2011年2月7日~3月の未明にかけて

余談ではあるが、容疑者は20代前半と思しき女性に対して頻繁に火花放電を繰り返していた。車から降りた後の発生率があまりに高い為、女性は勿論のこと、容疑者自身も恐怖に慄いているという・・・



本当に

本当に、こわかった・・・。
あの容疑者はすごい能力を持っている。
野放しにしておいてはならない。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。